読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えつこの部屋

行動して信じて待つ・・その先にあったもの

一人で踏み出す一歩には たくさんの愛がある

 

セミナーや講演会を主催している男性と話していた時、

男だけの講演会やりたいなって彼が言い出した。

とたんに数人の男性が笑顔で盛り上がってるイメージが浮かんで、

それ絶対いいね!と、私。

 

福山雅治が年に一度男性だけ参加のライブをしている。

その様子をテレビでチラッと見るだけでも、

「ウオォ~」っていう低い雄たけびが

会場の一体感を強烈に感じさせる。

女性がいるときよりも

下ネタも交えて気楽に言いたいことが言えるし、

観客も素直に反応できるのだと思う。

 

女だけのライブ?となるとどうも男性だけの時よりピンとこない。

結果的に女性ばかりというセミナーに参加したことは何度もあるけれど、

この一言でみんなが「ワァ~」とか「キャ~」ってなるのってあんまり思い出せない。

 

女性だけって、1時的に一体感に包まれることはあっても長くは続かない。

10代20代の時は家庭環境、既婚未婚、

出産経験のあるなし、仕事のあるなし、

様々な状況で心に響くものが変化する。

世代を超え、それぞれの状況を越えて一つになるって難しい気がする。

 

女性性の時代に入ったと言われている今、

それはイコール多様性の時代。

一つのことが大きく脚光を浴びるのではなく、

一人一人が求めていることに

真摯に対応する人が増えていくのだと思う。

一人で踏み出した一歩が必要とする誰かのためになる時が来た。

 

先日読んだブログでも、

1950年代はサラリーマンが全体の34%ほどで、

あとは個人商店を含め自分で事業をしている人のほうが普通だったとある。

 

現在、フリーになって成功するのは1%と言われても、

成功がお金でなければ%は大きく変わるはず。

こんな会社、あんな上司、心も体も疲弊していくけど

給料日になれば自分の口座にお金が振り込まれる。

ワクワクして、一生懸命になって、

でも結果が出なければ1円も入ってこない。

この二つを天秤にかけて眺めていても一歩は出ない。

 

この人生、自分の受け持ちは何なのか。

心の底から湧き上がってくるエネルギーを感じることこそ本当にやりたいこと。

人が見てどう感じるかより、まず自分がどう感じているかが大切。

自分の出してる周波数にピンときた人がちゃんと集まってくれる。

 

傍にいてくれる人たちは

みんな自分を映してくれる鏡。

その一つ一つの姿を受け止めて

初めて自分が見えてくる。

自分が整えるべきところは

いつも大切な人が教えてくれる。